1. HOME >
  2. 「十坪ジム初石」のご案内

「十坪ジム初石」のご案内

「十坪ジム初石」は、平成30年4月に新築された社屋の一階に、「十坪ジム」の基幹店としてオープンしました。店内面積は21坪、設置されたマシンは15台です。
認知動作型トレーニングマシンの代表的なマシンがそろえられ、高齢者のほか、スポーツ選手も利用できるマシン陣容となっています。
画像「十坪ジム初石」の所在地
千葉県流山市東初石3-96-30 
電話 04-7157-0655
JR常磐線柏駅から東武線アーバンパークライン(野田線)柏駅に乗り換え、3つ目の「初石」下車 右手の踏切を渡る。徒歩3分


画像本社は、木造2階建で、1階が「十坪ジム初石」、2階が小林寛道スポーツ健身事務所有限会社の事務室となっています。
(会社の連絡先 電話04-7138-5860 fax 04-7138-5861)


画像「十坪ジム初石」の内部全体風景
室内は、天井が高く、広々とした空間の中で、15台の認知動作型トレーニングマシンが所狭しと設置されています。ボディリペア(ソフト筋トレマシン)が6種類(各1基)、スプリントトレーニングマシン3種類(各1基)、すり足動作型マシン、車軸移動式パワーバイク、中型トレッドミル、大股ストレッチマシン、体幹ひねりマシン、和船漕ぎマシン(油圧式)が各1基ずつ設置されています。


画像「十坪ジム初石」の内部 その1 写真左手には、すり足動作型マシン、スプリントトレーニングマシン(歩行能力向上機)、スプリントトレーニングマシンTKY型、中型トレッドミル(歩行面のベルト長が長い)、スプリントトレーニングマシン(SPK6型)が設置されています。

画像「十坪ジム初石」の内部 その2 写真右手には、ボディリペア(ソフト筋トレマシン)のレッグリンク、チェストリンク、コキシアリンクが並べられ、その奥に、大股ストレッチマシン、体幹捻りマシンが設置されています。

画像「十坪ジム初石」の内部 その3 写真の左手前は、大股ストレッチマシン、オレンジ色のマシンがボディリペア。
手前から、コキシアリンク(内股の開閉運動)、チェストリンク(手足同側動作による体幹ひねり動作)、レッグリンク(下腿部の巻き込み運動)。


画像「十坪ジム初石」の内部 その4 手前からスプリントトレーニングマシンTKY型。スプリントマシンのペダルアーム長が21㎝で、歩幅の運動範囲が100㎝のスタンダードなタイプ。その奥は、低体力の人のスプリントトレーニングマシン(歩行能力向上機)で、ペダルアーム長が13.5㎝、歩幅の運動範囲は70cm以内となっている。前手すりがついているので、高齢者でも安心してスプリントトレーニングマシンを用いた運動を楽しむことができます。

画像「十坪ジム初石」の内部 その5 写真中央部の白いマシンが、和船漕ぎマシン。舟の形をしたすのこ状の板に乗り、和船の櫓をこぐようにゆっくりオール(櫓)を前後に動かして、体幹部(腰や上体)の揺らぎの運動を行います。
脳をリラックスさせ、疲労、肩こりなど様々な不定愁訴を軽減させる効果を持つことが確かめられています。


初石内部13「十坪ジム初石」の内部 その6 「十坪ジム初石」の入り口付近には、ボディリペア3台が設置されています。写真左から、ソアスリンク、バウワーリンク、ロウリンクの順です。ソアスリンクは、脚を腰から引き上げる運動によって大腰筋の強化を目指しています。バウワーリンクは、背・腰伸ばし(そっくり返る形の運動)、ロウリンクは、オール漕ぎのような動作で、肩や背中のストレッチ運動を行うマシンです。

画像「十坪ジム初石」の内部 その7 写真中央部には、車軸移動式パワーバイクがあり、その隣にすり足動作型マシンが設置されています。この2機種は、認知動作型トレーニングの基本動作を身に着けるための基本的なマシンです。
右体軸と左体軸の形成や、膝腰同側動作など、神経系に関するトレーニングを行う上で非常に重要なマシンです。


画像「十坪ジム初石」の内部 その8 大股ストレッチマシン。ハーフパイプの形をした大股ストレッチマシンの上で股関節や股関節周りの筋、腱、組織をストレッチします。平らな床で股関節のストレッチを行う時と異なって、骨盤周りの幅広い範囲にわたってストレッチ効果が浸透する感覚を味わうことができます。

画像「十坪ジム初石」の内部 その9 体幹ひねりマシン 脚部の内旋と外旋、脚部と上体が互いに逆方向に捻られる動作が生み出されます。「体幹ひねりマシン」では、捻られた体幹部をさらに上方にストレッチさせる動作を加えることによって、「捻りストレッチ効果」を生み出すことができます。このトレーニングによって、体幹の捻り方向への運動範囲を著しく向上させることができます。

画像「十坪ジム初石」のマシン配置図
「十坪ジム初石」のマシン配置図を示しました。トレーニングの時間は基本的には60分間ですが、60分間ではこれらのマシンのすべてを行うことはできません。そこで、すべてのマシンを行うことができる90分間コースを設けています。