本日 140 人 - 昨日 106 人 - 累計 56696 人
  • Search

  • Moblie QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
WIN_20160712_15_23_15_Pro
 
小林寛道の「十坪(とつぼ)ジム」の案内にようこそ!

十坪ジムとは、小規模スペース(33~100㎡)を利用したトレーニング施設で、認知動作型トレーニングマシンを設置していることが特徴です。
認知動作型トレーニングマシンとは、動作学習型の運動要素を含んださまざまな運動を行うことで、「身体操作能力」「バランス能力」「動きの柔軟性」を高めることができるトレーニングマシンで、脳の働きが関わる要素が大きいことから、認知(脳の知的高次機能)動作型の名前の由来があります。
認知動作型トレーニングマシンは、動作の質(Quality of Motion)を高めることができることから、QOMトレーニングマシン(QOM Training Machine)とも呼ぶことにしました。(2001 命名)

 健康や体力を高めるためには、有酸素運動と筋力トレーニングが2本柱とされています。しかし、運動を行うためには、単に運動の強さや運動の量(カロリー消費や歩数)を問題にするだけではなく、運動にかかわる技能(スキル)の要素も考えなけれなりません。これまでのトレーニングでは、スキルの要素があまり考慮されてきませんでした。QOMトレーニングは、運動の強さや運動量よりは、むしろスキルの要素を多く含んだ動作の質に注目して、普段の生活における体の使い方や健康にかかわる姿勢、および運動を行うときの正しく有効な体の使い方や運動姿勢にかかわる内容を重視していることが特徴です。

 近年の快適な生活環境に慣れた生活をしているうちに、身体の屋台骨を支える構造である体幹深部の筋群が弱くなってしまっていることが現代人の特徴であり、体調不良の状態を引き起こす遠因ともなっています。これらの弱点を補うことが、健康な身体と心の働きにかかわる精神衛生を良好に保つうえでも大切であるということができます。

 通常ではあまり働いていない「体幹深部の筋群」の働きを高めることは、それらに関連する脊柱や骨盤、肩甲骨の動きを高めることになり、あわせて、股関節をはじめ、身体各部の関節の動きを滑らかにすることによって、身体の活性化が促進され、日常動作の改善や心身面での健康の保持・増進、および内臓の諸機能などに及ぼす効果が大きいと考えられます。これらの要素を高めることは、スポーツ選手にとっても必要なことで、近年では、インナーマッスル(体幹深部の筋群)の強化が注目されています。

十坪ジムのトレーニングでは、インナーマッスルを有効活用する運動内容が多く取り入れており、幅広い年齢層や様々な体力水準(低水準を含む)の人々を対象に、健康と体力、スポーツ能力や日常生活での活動力の向上を図ることが意図されています。

Welcome to the guidance page of "Totubo-Gym" which means "Small Fitness Gym".
The floor space of Totubo-gym is about 33~100㎡.Training machines named “Cognitive Motion-Skill Training Machine” are settled on the floor. These machines were developed by Kando Kobayashi (Emeritus Prof. Dr. of The University of Tokyo), intending to improve physical ability of motion , balance and flexibility related to daily life activities and various sport skills. The name of machines is derived from the fact that the cognitive brain activities are requires to learn the physical motion of the machines. In our modern life, muscles in the deep part of the body, which are supporting a skeletal structure, were getting weak because of the comfortable life style of disuse of these muscles. Shortage of using these body inner muscles might be the factor to arise poor physical condition of many people. It might be important to cover the shortage of using inner muscles to keep good physical condition and also mental health.
Training for inner muscles improve the movement of spine, pelvis, scapula and other joints of the body such as hip joint etc..
It is supposed that the training of inner muscles improve not only the motion of daily life and sport activities but also the function of internal organs which are related to physical and mental health.
In recent years, training for inner muscle is recognized to be important for athletes and many people regardless of age.

The Cognitive Motor-Skill Training Machines are effective to promote the quality of motion of daily activities and sports, therefore these machines are called “QOM Training Machine” (named in 2001).

Aerobic exercise and muscle strength training are recommended to improve health and physical fitness for many people. There are precise guidelines related to the work load and the quantity of exercise based on the energy expenditure (kcal, Mets and/or number of walking steps), but small attention has been paid to the skill of exercise even though that is very important factor to pursue physical exercise.
In the QOM training, skill factors were taken into consideration in addition to the concept of work load and quantity of exercise. It is intended in the QOM training to correct a posture, flexibility, balance and body motion related to daily life and sport, through the usage of the QOM training machines and the specialized techniques of gymnastics and walking.

更新履歴
最近のお知らせ